占いと一言で言っても色々あります。その中で、自分に合っているのか信用できそうなのかと言う事は、勘に頼るしかないのが本当の所ではないかと思うのです。でも、いくら占いが当たるも八卦当たらなくても八卦だと分かっていたも、それに頼ってしまう人が多いのではないでしょうか。私もその一人です。何か大切な事があったり、何かを決めなくてはならない時など占いに頼ってしまうのです。占いにも色々な種類があり、手相占いなど変化して行くのが眼に見えてわかるものなどは、なるほどなと、思ってしまう事も沢山あります。占いは、人の心理を上手く利用した商法だと言う人もいるし、統計学を少しだけ勉強した事がある人なら、誰でも起業できると言う人もあります。でも、私は長年多くの修行を積み、生きる事の本当の意味を常に考え行動してきた人が占い師として世のため人の為に働いて欲しいと思っています。


それによって沢山の悩んでいる人が救われ、多くの人が幸せな気持ちで生きて行く事ができるのならそれはそれで良いのではないかと思うからです。それに、私は大切な日を決める時などは何度か利用していました。いつもと言うわけではないのですが、誰かにこの日なら全て上手く行くと言ってもらえただけで、すんなり日にちを決め、その日を何気なく迎えられていました。でも、後から考えてみるとどちらでも同じ結果だったのではないかと思うこともあるのですが、あえて自分の選択は間違いではなかったと思う様にしています。後で後悔しない様に八卦を使って決めていたのに、後悔しては元も子もないとも思っていました。でも、たまに上手く行かない時もあって、そんな時は、さすがに落ち込みました。でも、自分で決めた事なのだからと自分に言い聞かせていました。自分で物事を決めるのは難しいし、大変な事だと思うのですが、最後は自分で決断するしかなく、後の事ばかり考えていたのでは先に進む事ができないので、結果ばかりを恐れずにさっと決める様にすると上手く行くと思います。こんな事から考えると何かにすがりつきたくなる心の弱さがそうさせているのかも知れませんが、私はあえて悪いとは思いません。


何故なら人間なのだから、誰でも抱えている心の弱さを隠す必要もないからです。心と言うものは厄介なものです。でも、心の中の感情と言うものがあるから、色んな個性があるのだし、心の持ちよう一つでどうにでもなってしまう事が沢山あるのだと理解する事が必要だと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>